登場人物の思い出

 

アデランスの中野さん・・・文字通りかつらを着用している。
アデランスの中野さん
現在でこそアデランス、アートネイチャー、リーブ21、
バイオテックなどハゲ対策プランは色々あるが、当時は
アデランスのかつらしか選択肢がなかったのだ。

 

 

悪魔将軍・・・痛みを感じないなんて…悪魔将軍に絶対に勝てるわけがない!
悪魔将軍、ゴールドマン
私は当時そう思ったが痛みを感じない体質は非常に問題である。
腕ひしぎ逆十字で腕が折れても気付かないのだ。
腕が動かなくなって初めて気付く…とても危険である。
その1戦は勝てるかもしれないが、治療に時間がかかり
それこそ動かなくなった時はもう断末魔である。
痛みを感じない悪魔将軍は生きていたとしても息の短かかった選手である。

 

 

 

悪魔将軍の技の数々…特に地獄の断頭台は迫力満点である。
魔のショーグンクロー

 

地獄の断頭台、ジェロニモ

 

地獄の断頭台、キン肉マン
これだけの能力を持つ超人があれだけでおしまいとはいささかもったいない気がする。
ヘルミッショネルズと戦ったらどっちが勝つんだろうと想像してしまうのは
私だけではあるまい。

 

 

 

 

阿修羅マン・・・腕が6本もあるし人間界であればどう考えても最強である。
魔界のプリンス
腕ひしぎ逆十字を極めながら、
パウンドを放つシーンを思うとゾッとする。         

 

夢の超人タッグ編で、
ビッグボンバーズ(カナディアンマン、スペシャルマン)に対し
「弱体チームには大会参加をご遠慮願おうか!!
ねえ、スペシャルマンさんにカナディアンマンさん!」
「お前たちに名誉なんてもんがあったのか?」
と言い放つも、阿修羅マンめ、ひどいことを言う奴だ!
と誰も思わなかったところに
阿修羅マンのこの発言の正確性を示している。

 

 

阿修羅マンは最後の最後まで悪魔の友情を認めなかったが、
サンシャインが呪いのローラーから自分を救ってくれたことでその友情に気付かされる。

 

 

王位争奪編では、ソルジャーチームの一員として活躍した。

 

 

 

 

アトランティス・・・ロビンマスク、キン肉マンという主役2人と戦えた果報者。
アトランティス
卑怯なことをしなくても実力はあると思われる。

 

 

 

アナウンサー・・・アナウンサーの実況のお陰で試合がより理解しやすくなった。
「あーっと」が口グセ。

 

 

 

 

アレキサンドリア・ミート
ミート君
可愛いキャラで売っていたが、キン肉マンの良き策士。
「王子!」が口癖。

 

 

 

 

イワオ・・・キン骨マンの手下。キン骨マンを「先生」と呼ぶ。
イワオ
「だわいな〜」が口癖。
悪い奴なのだが、何となく愛らしい。

 

 

 

 

 

ウォーズマン…残虐ファイトで
Tパックマン
Tパックマン

 

アメリカ代表ペンタゴン
ペンタゴン

 

中国代表ラーメンマン
ラーメンマンを血祭りにあげたシーンは
当時の子供たちの度肝を抜いた。

 

 

ウォーズマンの得意技、伝家の宝刀「パロ・スペシャル」は
超人オリンピック決勝戦
当時の男子なら誰もが、自分より弱い友達をつかまえて
かけてみたことのある荒業である。

 

 

 

 

バッファローマンに敵わないとみたウォーズマンは最後の賭けに出る。
「(ベアクロー両手で)100万パワー+100万パワーで200万パワー。
いつもの2倍のジャンプが加わって400万パワー。
そして、いつもの3倍の回転を加えれば400万パワー×3で
1200万パワー。バッファローマン、お前を上回る1200万パワーだ!」
光の矢となってバッファローマンの心臓めがけてスクリードライバーを
敢行するも、バッファローマンに避けられて、ロングホーン1本を折るに留まった。

 

 

死力を使い果たしたウォーズマンは、
ハリケーンミキサーを喰らいキャンバスに頭から突き刺さる。
ウォーズマンは不屈の闘志で立ち上がるが、何と立ったままKO!
「敵として会いたくなかったぜ」とバッファローマンに言わしめる。

 

 

この戦いで折ったロングホーンが後でキン肉マンを救うことになるとは
この時、誰も知る由もない。

 

 

1200万パワーの理論は、よく考えるとおかしい点に当時小学生だった
私は気付かず、大人になって気付くのであるが、
そんなことはどうでも良いのである。
ウォーズマンは、最後まで諦めずあの一瞬だけ
1200万パワーとなってバッファローマンに突っ込んで行ったのだ。

 

 

 

ウォーズマンは、機械の体に負担をかけるバッファローマン、
ネプチューンマンなど大型超人を苦手とするきらいがある。
ウォーズマンスマイル

 

 

 

 

オイルマン・・・サウジアラビア代表。
予選
活躍と言えば、超人オリンピック予選ローラースケートでゴール前転倒、
オイルを撒き散らし、他の超人に多大な迷惑をかける。
後から来たリキシマン、キン肉マンの予選通過に大きく貢献する。

 

キン肉マン×悪魔将軍戦でリング下でリング持ちをした場面で力尽きて倒れる。

 

オイルマンの出番はこの位であるが、サウジアラビア代表ということで
多くの子供たちに「石油はサウジアラビアで採れるんだ!」ということを
教えた「先生超人」と言えよう。

 

 

 

カナディアンマン・・・大きな体から繰り出すカナディアンバックブリーカーが得意だが
カナダ代表
ロビンマスクにあっさり破れて以来、貧乏キャラとなる。
生命維持装置の時はキン肉マンに暴言を吐くも、
リキシマンの言動に心から謝ったカナディアンマン。

 

 

地獄のコンビネーション
タッグトロフィー編では途中から割り込んで来たはぐれ悪魔コンビに
なす術なくまたしてもあっさりやられ、出番は消えた。

 

 

 

カメハメ・・・王者キン肉マンを何と7秒でピンフォール。
この戦いをきっかけにキン肉マンの師匠となり、48の殺人技を授ける。
プリンスカメハメ師匠
技巧派キン肉マン・グレートとしても活躍。

 

 

 

カニベース ・・・第20回超人オリンピック予選ジャンケンでキン肉マンと対戦。
カニベース
カニなだけにチョキしか出せず、キン肉マンにグーを出され1回戦敗退。
泡を吹いて倒れる。

 

 

カニベース
その後の超人オリンピックでジャンケン対策をしてきた
カニベースだが、キン肉マンにあっさり交わされた。
場を和ます滑稽超人である。

 

 

 

キン肉アタル・・・キン肉マンの実兄。その実力は折り紙つき。
キン肉アタル兄さん

 

ソルジャー
真友情パワーを提唱する。
灰になってもなお存在感を示す。
アタル版マッスルスパーク、ナパームストレッチに鳥肌が立った人は
多いはずである。
アタルとキン肉マン、どっちが強いのかは永遠の謎である。
2000年頃、プレイボーイの超人大募集で、
私は「ワタル」という名の超人を
キン肉アタルの子として応募してみた私だが、採用されなかった。

 

 

 

 

 

キン肉マン・・・本名キン肉スグル。牛丼をこよなく愛するが、
キン肉マン
当初はニンニクがスタミナ源であった。
ブタと揶揄され、つまはじきにされるものの、
その揶揄した者たちのために怪獣退治する奉仕ぶり。
悪者、実力派超人との対戦の度に一回り大きく成長する。
超人オリンピックで見せたその運の強さも本物であり、
正真正銘の愛の戦士(スーパーヒーロー)。
へのつっぱりはいらんですよ
屁の突っ張りはいらんですよ
リロンリロン
キク〜(牛丼一筋三百年♪の歌の最後)
おわ〜っ
火事場の…クソ力〜ッ
など名言が多い。

火事場のクソ力
王位争奪戦優勝後、神に誓ったキン肉マンの宣言はその言葉全てが名言である。

 

 

 

キン肉タツノリ
キン肉タツノリ
キン肉族の偉大なるご先祖様。
肉のカーテンの創始者。

 

 

 

キン肉真弓・・・キン肉マンの父。キン肉族の王。
キン肉大王
「スグル〜!」「青筋立てて怒らんでもええやんねん^^」が口癖。

 

 

 

キン骨マン
当初、キン肉マンを敵視していた。第2回超人オリンピックでテリーマンの脚をライフルで打ち抜いた無法者。

 

キン骨マン
キン肉マン×ロビンマスク戦で両者膠着状態の時に「水入りだわさ」と進言し、ハラボテ委員長に受け入れられる。
そこから正しい道を歩み始めたように思われたが、また悪の道に。
「だわいな〜」が口癖。イワオと同じ。

 

 

 

テリーマン
アメリカ代表
テキサス魂を持つ超人。
テキサスブロンコ
来日当初はお母さんを助けてと懇願しに来た少年が持ってきた金額を
見て「大人をからかっちゃいけないぜ、ボーイ!」と一蹴したが、
キン肉マンの愛、無償の精神を見て改心。

 

 

超人オリンピックに縁がないが、ナックルパート、カーフブランディング、
スピニングトウホールド、テキサスコンドルキックを得意とし、
実力は折り紙付きである。

 

新超人が増えて、負けキャラに転じて行く正義超人が増える中、
テリーマンは負けることなく戦い続けた。
「キン肉マンと戦ったらどっちが強いんだ?」と言わしめる
永遠のアイドル超人である。

 

第20回超人オリンピックで
ラーメンマンが屁をすかした時、テリーマンは「くさい…」と一言。
4巻
状況と屁をかけた絶妙な一言であったことは忘れられない。        

 

 

 

 

サンシャイン・・・ジェロニモに敗れるが、その弱点を克服しタッグトロフィー編に参加。
サンシャイン砂地獄
サンシャインの「悪魔にだって友情はあるんだ〜っ」と阿修羅マンを
助けた場面に誰もが涙した。

 

 

 

サタンクロス(サムソンティーチャー)
フェニックスチーム
ザニンジャを倒し、阿修羅マン、キン肉マンと互角に戦った実力派。
阿修羅マンの先生。

 

 

 

ジェロニモ
アパッチの雄たけび
サンシャインを倒した不屈の根性は現代人が見習うべきところである。
超人になってから非力な面が見受けられたが、ハワイ選手権で
ジェシーメイビアを下しハワイ王者となる。

 

 

 

ジェシー・メイビア・・・カウンターが得意なハワイ王者。
ジェシー
キン肉マン戦で、そのカウンターを余す所なく見せ付けるも
キン肉マンの誘いに乗り、自分から技をしかけに行き
ロメロスペシャルを喰らい敗北。

 

その後、出番はないが
王位争奪戦でキン肉マンの応援に馳せ参じている。

 

 

 

ジャンクマン
ジャンククラッシュ
ロビンマスク戦では終始試合を優位に進めながらも
ロビンの体中の血でジャンククラッシュが滑ってしまい、
逆タワーブリッジを喰らいKO負け。

 

 

 

ステカセキング・・・ウォーズマンをKOした時は驚いた。
ステカセキング

 

 

 

スプリングマン・・・リキシマンを破り、強い悪魔超人であったが
デビルトムボーイ
最後はモンゴルマンのレッグラリアートで通電阻止に使われ、あっけない最後。

 

 

 

スペシャルマン・・・カナディアンマンと並んで残念な超人である。
すぺしゃるまん
超人強度65万パワーはいかんせん分が悪すぎる。
はぐれ悪魔コンビに侮辱され「ゆるせん!」と立ち向かうが
地獄のコンビネーションであっさりKO。

 

 

キン肉マン
そんなスペシャルマンだが、テリーマンのスカイ戦、
ザ・マシンガンズのアメリカ編でテリーマンの応援に
駆けつけており、友誼に厚い一面がある。

 

 

 

スニゲーター・・・スニーカーとアリゲーター(ワニ)を合わせた超人。
悪魔騎士
恥ずかしながら、私がスニゲーターの意味が分かったのは
大学の英語の時間である。
授業中に「そうだったのか〜」と思った。
こういう人は多いと思います。
スニーカーとアリゲーターの造語。

 

 

 

 

ゼブラ
飛翔の神
愛馬キッドの命と引き換えに超人界入りしたゼブラだが、
キッドはマッスルインフェルノを簡単に返せたことを知る。

 

 

 

チエノワマン・・・キューブマンとのおもちゃ対決で破れた。
キン肉マン
そのおもちゃ対決で勝ったルービックキューブもファミコンに
追いやられるのは時間の問題であった。

 

 

 

 

ドクターボンベ・・・お医者さん。
キン肉マン
バッファローマンのロングホーンをキン肉マンの左腕に埋め込み、
超人墓場でウォーズマンを蘇生させた。
プリンスカメハメと親友。 

 

 

 

 

ナチグロン・・・キン肉マンの小姓。
キン肉マン
キン肉マンが織田信長ならナチグロンは森蘭丸である。
キン肉マンを「キン肉マンさん!」と呼ぶ。
見かけによらず根性がある。

 

 

 

 

二階堂マリ・・・マリしゃん。
キン肉マン
当初はミートのお気に入りだったのだ。
キン肉マンを陰から支える。

 

 

 

ネプチューンキング(ビッグ・ザ・武道)
完璧超人
最後の最後で、テリーマンに凶器を使い、
ネプチューンマンに失望される。

 

 

 

ネプチューンマン・・・喧嘩マン。ザ・サムライ。
キン肉マン

 

キン肉マン
2人の読者案を合わせたモデルだが、ハルク・ホーガンにどんどん
近づいて行った感がある。
テリーマンのテリーファンクと同じくらい分かりやすい。

 

 

喧嘩スペシャルは、私自身試してみたが、意外にかけやすく効く。
はまったら本当に逃げられない。
ウォーズマンに見舞ったWレッグスープレックスは余りにも強烈。
ウォーズマンは失明した。
キン肉マンの友情に魅せられた一人。

 

 

バッファローマン・・・悪魔時代のハングリーさをキン肉アタルに指摘された時は
キン肉マン
私もそう思った。
ヘル・ミッショネルズ×悪魔時代のバッファローマンだったら
アイアンスウェットは出ないはずだし、面白かった。
ウォーズマンやキン肉マンに見舞ったハリケーンミキサーは圧巻だった。

 

 

 

ハラボテ委員長…静まらんか、若き超人たちよ!で彼の台詞は始まる。
キン肉マン
キン肉真弓といがみ合っていた時もあったが、
前座でオールド対決を見せる。

 

 

 

ビッグボディ
キン肉マン
剛力の神が宿ったビッグボディだが、闘争心に欠け
フェニックスのマッスルリベンジャーを喰らい敗北した。

 

 

 

ビビンバ・・・ホルモン族王の娘。
キン肉マン

 

キン肉マン
当初刺客であったが、キン肉マンに恩を受け恋をする。

 

 

 

フェニックス
キン肉マン
王位争奪編で、悪事の数々の使い決勝まで勝ち上がった。
最期にキン肉マンにはかなわないことを悟り、マッスルスパークを喰らい敗北した。
死んでしまうがキン肉スグルのフェイスフラッシュでよみがえる。

 

 

 

ブラックホール・・・肉弾エルボードロップを喰らいKO負け。
キン肉マン
タッグトロフィー編でペンタゴンと四次元殺法コンビを組んでいる。

 

 

 

プラネットマン・・・卑怯の限りを尽くしたが
キン肉マン
最後は、自分の放った輪に首を切り落とされた。

 

 

 

ブロッケンマン
第2回超人オリンピックのラーメンマン戦で
暴虐の限りを尽くしたが、ラーメンマンの残虐さの前に破れた。
コミックではキャメルクラッチで上半身を引きちぎられたが、
テレビでそれは放映できないとの理由でラーメンにされてしまったかわいそうな超人。
活躍の夢は息子に引き継がれる。

 

 

ブロッケンJr.
キン肉マン
父の仇を討ちに、ラーメンマンと対戦。
ラーメンマンにあらん限りの技を使ったが、
ラーメンマンを死に至らしめることはできず、
逆に本当の殺人技「吊り天井固め」を喰らい失神。
試合後、ラーメンマンから「親父のことは忘れろ…そうすればお前は強くなる…」
と声をかけられる。
私怨を忘れその言葉に応え、強くなったブロッケンjr.は見事である。

 

 

 

ベンキマン…アニメで見た時は、ベンキマンが最強だと思った私である。
キン肉マン
王位争奪戦では、正義超人として応援に駆けつけている。

 

 

 

魔雲天…テリーマンとの死闘を繰り広げたが活躍はあれだけである。
キン肉マン
あとは亡霊超人での登場のみ。

 

 

 

マリポーサ
キン肉マン
並外れた跳躍力を持つが心が貧しい。
ロビン家からアノアロの杖を盗み出したのが幼き日のマリポーサであった。
最後はロビンスペシャルの前に破れる。

 

 

 

マンモスマン
キン肉マン
王位争奪戦のロビンマスク戦でロビンマスクに敗戦するも
真剣勝負の醍醐味を悟った。友情パワーを感じて消えていった超人。

 

 

 

ミスターカーメン
キン肉マン
ブロッケンJr.に実質勝った悪魔超人。
救世主の乱入は本来反則である。しかし、レフェリー不在のため
無法地帯となっているリングでの出来事であり、止むを得まい。

 

タッグマッチで、レフェリージョー樋口が失神している間に
一人のレスラーが反則によりノビてしまい、
もう1人が2人がかりの猛攻を受けて弱る。

 

正気に戻った事情を知らないジョー樋口は
2人がかりの猛攻を受け弱ったレスラーがフォールされていても反則をとらず
そのまま体固め→スリーカウントしてしまうことはよくあった。

 

レフェリーがいないということはそういうことであるから
ミスターカーメンがやられてしまったことも仕方ない。
カーメンは試合に勝って、勝負に負けたと言える。

 

 

 

モンゴルマン・・・誰もが正体はラーメンマンと信じて疑わなかった。
キン肉マン
包帯でマキマキにされたブロッケンJr.を救出。
「勝負はついた。お前の勝ちだ」となだめるモンゴルマン。
従わないミスターカーメンにレッグラリアート一閃、倒してしまった。
スプリングマン戦でもミート君救出に貢献。
正真正銘の救世主である。
夢の超人タッグトロフィー編ではキン肉マンから
「(※)久隔帖」ならぬ「(※)キン肉帖」を受け取るもバッファローマンを
パートナーとして選んだ。

 

私個人的にはキン肉マンとモンゴルマンのタッグが見たかった。

 

(※)久隔帖…最澄が空海に「弟子を返せ」と迫った手紙。

 

 

キン肉マン
(※)キン肉帖…「やい モンゴルマン」から始まるタッグ結成要請の手紙。
10通ほど送られた。

 

 

 

与作さん・・・言葉の意味はよく分からんがとにかくすごい自信だ
キン肉マン
んだ〜なや
オラ、見ちゃいけねえもんを見ちまっただ〜
を言うために出て来るおじさん。

 

 

 

 

ラーメンマン・・・最もファンが多いであろう超人の一人。
ザ・シークが得意とした地味な技キャメルクラッチを
殺傷能力さえある大技として世間に認知させた超人である。
キン肉マン
ブロッケンJr.のキャメルクラッチから逃れた一本指つきは幼き日の私に
強烈な印象を残した。

 

 

キン肉マン
また、ウォーズマンのスクリュードライバーをゴングで受けたが更なる
アタックにより脳をえぐられたシーンは子供に与えた影響は大であった。

 

 

キン肉マン
王位争奪編ではキン肉マンチームの欠かせないメンバー。
この頃にはウォーズマンよりも強くなっていたものと思われる。

 

 

ラーメンマンファンは多いものの、
「ラーメンマンに似てるね^^」と言われて喜ぶ人は少ないのは不思議な現象である。
また、『闘え、ラーメンマン』と
キン肉マン初期に出て来るラーメンマンの初期は全然印象が違う
という疑問を抱いてはいけない(笑)。

 

 

 

リキシマン…当初、同じ日本代表のキン肉マンと悪口を言い合っていたが、
第3回超人オリンピックの相撲対戦で死力を尽くして戦って以来
友情が芽生えたと見える。
キン肉マン
それ以降はスプリングマンのデビル・トムボーイの餌食に、
7人の悪魔騎士編ではキン肉マンに命を渡し、
タッグトロフィー編ではケンダマン、スクリューキッド組に
アッサリ破れ、すっかり縁の下の力持ち的存在になった。

 

 

リキシマンの名前だが、
テレビアニメだと「リキシマン」、コミックだと「ウルフマン」という設定になっている。
理由は不明だが、
ドラえもんで言うと、源静香が
テレビアニメだと「しずかちゃん」、コミックだと「しずちゃん」
いう設定になっているのと同様の現象かと思われる。

 

 

 

 

ロビンマスク…当初の設定では超人オリンピック王者。
キン肉マン
キン肉マンへの復讐のためにバラクーダとなる。
ウォーズマンが破れてからは、再びアイドル超人として活躍。

 

 

タッグトロフィー編では、キン肉マンに反旗を翻すもへル・ミッショネルズに破れ改心。

 

 

王位争奪戦では、かけがえのないキン肉マンチームの戦力として闘う。
タワーブリッジはフィニッシュホールドとしてあまりに有名である。

 

 

ロビンスペシャルはビッグ・ザ・武道に見舞ったツームストンパイルドライバー型と
首四の字型の2種類があるが、私は後者の方が奥が深そうだと思う。
機会があればかけてみたいが、かけられた方は
むち打ちのようなダメージを負うものと推察される。

 

 

キン肉マンのお陰で覚えた日本語 のページに進む